サイトトップ 前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
2012.03.05.更新

イギリス人の得意料理ヴィエナ・シュニッツェル

ヴィエナ・シュニッツェルとは?

イギリスは、食に対して保守的な人たちと開放的な人たちの両方が共存している国ですが、開放的な人たちは世界各国の料理を食すのが大好きです。私のイギリス人の夫も後者の方に入りますが、彼は食すだけでなく自分で作ってみることにも好奇心旺盛です。先日、彼は自身の得意料理であるヴィエナ・シュニッツェルとベークド・ポテト&モッツアレラチーズを作ってくれました。

ヴィエナ・シュニッツェルはヴィエナという名前の通り、
ウィーン生まれのレシピで、もともとオーストリア料理として知られていますとなっては、ヨーロッパはもとよりイギリス広く親しまれているレシピです。仔牛をつかったカツレツなので、どこか日本料理のトンカツにも似ていて、日本人の口にも合う味わいが美味なのです

ヴィエナ・シュニッツェル
ヴィエナ・シュニッツェル
グリーン・サラダを添えて
グリーン・サラダを添えて

レシピをご紹介!

今回は、家でも簡単に作れるヴィエナ・シュニッツェルのレシピをご紹介したいと思います。シュニッツェルの肉ポークや鶏肉などで代用できますが、ここではあえて、本格的に仔牛を使ったレシピで作ってみたいと思います。スーパーマーケットで仔牛の肉が見つからない場合は、お肉屋さんに行ってみましょう。お肉屋さんでは、余分な脂身もとってくれるうえ、薄くなるまでたたいてくれます(シュニッツェル料理の行程においても重要なのです)。

仔牛はだいたい一人
125グラムずつぐらい。用意するものは他に、小麦粉、溶き卵、パン粉、オリーブオイル、そして塩こしょうです。お肉に塩こしょうをしたら、小麦粉、溶き卵、パン粉の順につけていきましょう。そして、フライパンにちょうど肉が浸るくらいのオリーブオイルを入れて熱します。お肉を入れ、両面がキツネ色になるまで揚げてください。揚げたらよくオイルを拭き取り、できあがり!レモン汁をしぼってお召し上がり下さい。

パン粉を用意して…
パン粉を用意して…
卵をよくときましょう
卵をよくときましょう
仔牛の肉をゲットしよう!
仔牛の肉をゲットしよう!
小麦粉、卵、パン粉の順番につけていきます
小麦粉、卵、パン粉の順番につけていきます

もっちり美味しいベークド・ポテト&モッツアレラチーズ

我が家の定番の付け合わせはベークド・ポテトモッツアレラチーズとグリーン・サラダです。このベークド・ポテトとモッツアレラチーズもホクホクもっちりとしてとても美味しいので、同レシピもご紹介しておきたいと思います。

まずケーキ用の型にベーキングシートを敷き、オリーブオイルを表面に塗ります。薄くスライスしたポテトを並べて塩をふり(ローズマリーをまぶしても良いと思います)、その上によく水を切った(バッファロー)モッツアレラチーズを薄くスライスして並べます。その行程を何度かくりかえし、ポテトとモッツアレラの層をいくつか作ります。そして
190°に熱したオーブンで1時間強焼いたらできあがりです。ぜひぜひ皆様もお試し下さい!

パン粉をしっかりとつけたら…
パン粉をしっかりとつけたら…
からっと揚げてできあがり!
からっと揚げてできあがり!
スライスしたポテトの上にモッツアレラを並べます
スライスしたポテトの上にモッツアレラを並べます
カリカリになるまで焼きましょう!
カリカリになるまで焼きましょう!
前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

最近の記事

ロンドンを席巻する草間弥生アート! 09.17.
ルイ・ヴィトンとのコラボで突如ロンドンに出現した草間ワールド!
優雅で贅沢なロンドンを満喫! 09.02.
5つ星ホテルでアフタヌーンティーをしよう!
サマーホリデイでイギリスからヴェネチアへ 08.20.
イギリスの人気観光地の一つヴェネチアを訪れました
快進撃の五輪日本代表サッカー突撃レポート! 08.06.
五輪に湧く英国でサッカー日本代表を応援してきました!
ロンドン・オリンピックの聖火がやってきた! 07.23.
わが街オックスフォードに聖火リレーがたってきました。